PTA広報誌の作り方お取引方法

PTA広報誌のミカタ ホチキス製本(中綴じ製本)の説明

こんにちは

PTA広報誌のミカタです。

 

以前ホチキス製本は有料でお受けしておりましたが、2021年4月より無料で提供させていただいております。

今回はそのホチキス製本(中綴じ製本)についてご説明致します。

 

最初に結論

ホチキス製本が嫌い、してほしくない理由がある

という方以外にはオススメします。

無料で対応させていただきますのでやらない理由がまず考えられません。

詳しく知りたい方は以下をご参照下さい。

 

ホチキス製本(中綴じ製本)とは?

上記画像のように、ホチキスで留まっている製本がホチキス製本(中綴じ製本)となります。

 

ホチキス製本をしないとどうなるの?

ホチキス製本をしない場合、以下のような新聞紙のように折って挟むだけのスクラム製本になります。

スクラム製本でページ数が増えるとバラバラになりやすいデメリットがあります。

 

ホチキス製本のメリット・デメリット

メリット

バラバラにならない

開きやすい

見栄えが良い

 

デメリット

少しだけ重くなる

少しだけ厚くなる

 

デメリットは広報誌一冊を手に取る分には気づきませんが、配送などまとまっている時は針の分重くなり厚みも少し増します。

ただこのデメリットは気にするようなことでは無いと考えておりますので当社ではお客様にホチキス製本を勧めております。

 

広報誌をお気軽にお見積り

「広報誌って頼むといくらなんだろう?」

「高いのか安いのかよくわからない」

「部数違い、ページ違いで見積もり欲しいけど沢山の見積もりは頼みにくい」

そんな時にはPTA広報誌のミカタ自動見積りシステムを是非ご利用下さい。

気軽に複数の見積もりをお出しいただけますので、PTAの会議等で有効にご利用下さい。

自動見積り利用者にこちらから営業したり連絡することはございませんのでお気軽にご利用下さい。

 

PTA広報誌のミカタ自動見積りシステム